因果応報

昨日は8月15日。
77回目の「敗戦の日」であった。

日本の近代化の為に、
と言いつくろいながら、
その実は欧米に倣い、日本こそがアジアの主人になろうと、
ヤクザ同然の連中が財閥と組んで天皇を引っ張り出して、
「維新」とやらを起こし、そこから隣国侵略と凄まじいばかりの蛮行が始まる。

明治維新から77年後の1945年。
それまでの誤った政策が完全に破綻し、日本は敗戦を迎えた。
因果応報である。

もしこの世に神がいるとするなら、
1868年の時代の転機以降これまで大きな出来事で4度、因果応報を以って危機を示してくた。
上記の1945年の敗戦。
その後、高度経済成長で調子好き、やがて迎える1990年代のバブル崩壊。
しかし強引に経済成長を追い続けて、2011年の破局的原発事故。

全ては自分達が犯した過ちで、自分達が苦しむ結果となった。
日本はその度に現実に向き合い、過ちを省みる事をして来ただろうか。
否。破綻の後も再び誤った道を進み続け、その度に報いを受けたのだ。

軌道修正しないまま突き進み、
神はそれまでの3つが、事象の規模が大きすぎて人々がそれとは気付けないと見て、
最後は誰もが知る一人の男の、
自らが望んだ社会が生み出したと言ってもいい青年に討たれた。
正に因果応報である。

明治維新から敗戦まで77年。敗戦からバブル崩壊まで約45年。
バブル崩壊から破局的原発事故まで約20年。
原発事故から安倍晋三の死まで11年。

神からの警告である「報い」までの間隔がどんどん短くなっているのは、
日本社会の中の澱みが澱みを呼んでいるからだろう。
歴史から学べず、反省の無い国に未来は無い。

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。